スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    内なる世界へ・・・***

    • 2013.12.25 Wednesday
    • 13:23




    魂の学び

    以前 アニタの臨死体験 を紹介したことがある。
    それが 本になったそうだ。
    私も早速 手に取った。

    その本【喜びから人生を生きる】の紹介に 興味深いものがあった。
    一部抜粋。

    ●病気・ガンは自分の生命力を抑圧してきたことの結果であり、悪いものではない
    ●人生の目的は好きなことをして楽しむ事
    (悟りでも努力でも学びでもなく)
    ●魂の死は存在しない。現実は自分が作りあげていることを知る。
    ●全ての人が素晴しい。全ての人が全ての時に完璧な存在。
    ●犯罪者こそ愛を必要としている。病気と同じようにそれは悪者ではない。
    ●全ての存在との一体感。全てが私。ワンネスであることに気づく。

    他にも様々に書評されている。

    人は 
    どうしても 流れに逆らえない生き方を
    選択せざる終えない時もある。

    どこかに 無理を与え
    バランスを欠くことを望んではいないのに 
    それを 生んでしまうのだ。

    人は
    自分の望みたいように 自由に生きたいと思う。

    しかし 

    自分一人で 今を生きているのでは無く
    多様に 人間関係が絡み合うからこそ 制限されることが 
    人に抑圧を与えるよう 感じさてしまうことがあるのだ。

    それが
    その人を取り巻く
    大きな世界からの抑圧にさえ思えてしまうこともある。

    しかし
    それ以上に 大きな世界中を 
    その人が想像したり 知ることが出来れば

    一方から見えていた 抑圧が
    たちまち 
    全く害を与えないものに変容させる。


    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:


    人というのは 間違いを繰り返す・・・
    人の事が良く観えても 自分の事がおざなりになる
    。。。

    それは
    自分の肉眼的な目を頼りに ものを観ている時
    そう なりやすい様に思う。

    目に見えるものだけを 自分に取り込んでいる時
    当然
    自分の外にしか 問題や 事象を感じる事は出来ない。

    慌ただしい時間を生きる
    早く時が過ぎ行く様に見える現代では
    自分が 自分に対して 心の目を向ける時間さえ確保できず
    もがき苦しむ人達も居る。

    ほんとうは

    人と関わり 様々な 想いや 事象が生じる事は
    自分に向けられている事が 多い気もする。

    人を見て
    何か(欠点であっても 利点であっても)を見つけた時
    それは たちまち
    何かを自分に示しているものの様・・・。

    人の中に自分を見て
    自分の嫌な部分を見せられたり
    人の中に 憧れを観て
    自分の中にその種を植え付けられたり
    。。。

    出会う人は 選ぶ事は出来ないけれど
    出会う人が
    自分自身に 目に見えない何かを伝えている。

    どんな人達が 自分の周りにいるだろう
    。。。
    その中での自分の役割は
    なんだろう
    。。。

    そういうものを 自分が理解し
    自分が
    一日一日を少しでも 魂の向上を目指し
    今を生きる事が出来ているのなら
    。。。
    それだけで 
    十分な一日一日を過ごせているのかしれない
    。。。

    人が生きている上で
    意識的に全ての事をコントロールする事は難しいし
    ある意味 不可能に近い。

    だから
    今 目の前で繰り広げられる事に戸惑い
    苦しみを感じ 何かを繰り返し続ける

    確かなものじゃなく 感覚的なもの
    目に見えていないものを感じようとすれば
    自分の中に取り入れる事が可能になる
    。。。

    人と 集団で生き 何かを生み出す時
    (生み出し続ける事が 生きているという事)
    自分との違いがある 他者から
    自分自身が傷を受ける事もある。

    他者と関わる時
    他者の視点や 見方 価値観が 基準になって
    他者から見た 自分が評価される。

    これは 自分自身も同じく

    自分自身の視点や 見方 価値観が基準になって
    その都度 他者を評価している。

    その基準は

    自分と他者は影響し合えるものがあっても
    まるっきり同じになる事は出来ない。
    ニュアンスで 感覚的に 伝わる事はあっても
    難しい。

    だが 
    その基準が違う事が 一つの事象に対して
    多方面からのアプローチが可能にさせる。

    何が 正しいのか・・・という事では無く

    どう 視野を広げ
    どう今の状態から
    少しでも質を高く 力を合わせ 短時間で変容出来るのか・・・って事が 
    重要なのかもしれない。











    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:

    スポンサーサイト

    • 2019.10.23 Wednesday
    • 13:23
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      †゚.:。£+゚.:。溢れる想いの足跡 ゚.:。£+゚.:。†゚.

      ☆・・Lightworker japan・・☆

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM