スポンサーサイト

  • 2019.10.23 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    光を感じて・・・*

    • 2015.02.23 Monday
    • 22:43



    繰り返し 経験しているものが
    観える様になってくると

    自分の行動の先にあるものを
    どう変化させれば
    その先に現れるものが 
    どう変わってくるのか
    ・・・っていうのが
    掴めるようになってきます。

    繰り返されているものって
    なんでしょう?
    。。。

    若く 幼い頃は 良く分からなかった

    時間を経て
    色んな沢山の事を経験して
    その積み重ねが
    今の現実を生み出している事が
    自分でも良く分かっている。

    何か目の前にあるものを変化させたいのなら
    自分自身の何かを変化させる必要があります。

    ちょっとの愛と ちょっとの思いやり
    そして
    ちょっとのおおらかさと
    ちょっとの 喜び♪

    楽しみ♪

    けして
    一つだけではない選択*

    自由に♪





    光を感じて・・・*














     

    春の陽差しを感じて・・・♪

    • 2014.02.25 Tuesday
    • 13:38
    JUGEMテーマ:エッセイ


    今日は 温かい陽射しを浴び 春の喜びを感じます。


    この温かい春の日に 庭に出て
    この間 雪で弛んで折れてしまった小枝を拾い
    クリスマスローズの葉を 剪定しました。


    あたたかいって気持ちが良い♪

    この所
    娘の受験もあって 母である自分も落ち着かない日々


    文字を書き綴る事に抵抗もありましたが
    やっと 気分的に私自身も落ち着いてきて
    少しずつ 言葉を書き留めてゆこうって気分になってきました


    手帳の上では 自分の想いを整理するためにも
    書き留める時間をとって

    自分の心に
    すっきりした気分を 与えていました。

    庭の植物達も 芽吹き つぼみを膨らませています。
    土に触れ 陽を浴びるのも気持ちが良い。

    春って 私自身にも エネルギーを与えてくれます。

    心の奥から エネルギーが湧き立ってくるのも感じます。

    自分に与えられている命・時間を大切にしながら
    今の瞬間(いま)を楽しめるって ほんとに最高〜♪






    みゅう♪

    何を感じ取ろうとして 自分の中から何を生み出し どう表現・実行できるか・・?

    • 2012.02.19 Sunday
    • 16:28
    JUGEMテーマ:スピリチュアル
     

    数日 小さい時から霊が見える 友人と その友人を介して
    霊界に在る 存在との交信を経験する。私には初めての不思議な実体験だ。

    私も
    小さいころは 金縛りによくあっていたが
    彼の 娘ちゃんも
    実は 目に見えないものの存在を
    肌に感じやすい体質の娘だった。

    私自身は
    霊というものの存在を信じてはいても
    その姿を目に見る事がないので
    実感がわかなかったが

    どうやら 
    彼はそういうものをもともと見やすい人であり
    そういうものが そこに留まりやすい場所(そういう存在が力を発揮しやすい場所)に引っ越したあと
    12月にお母様がなくなって その人の心の隙に入り込み
    その近くに居る 私や 彼の娘ちゃんとコンタクトを取るようになった
    様に思う。


    数日 問診を取るように それも 本人が眠ってから
    何体かの 霊と 彼の身体を通し コミュニケーションを取る。

    何をしようとしているのかを知るため
    彼の身体に 現実的な被害が出る前に 防ぐ必要もある。

    一つだけではなく 数体のまったく違った人格(霊体)が
    彼の声を使って表現してくる。

    数体・・というのが厄介に感じた。
    中途半端ではこちらも 倒されてしまうような感覚(当初)。
    娘ちゃんや お孫ちゃんたちを怖がらせる様な現象が
    彼女たちの周りで起こる。
    集中力が強いられる。
    断片的な言葉・想いからのパズルを繋げるような作業が数日に渡って
    強い精神力も使う様に 数日食事が通らなかったり
    不眠な状態が続く。

    存在する空間が違うのだから
    感情に流されるのではなく 真に在る問題と 今出来る事を施行するために
    無駄な 言葉を拾うのではなく
    そこに流れているものの中に 掬い上げる必要のあるものを
    拾い集める。

    人として生きる私たちの 強い意志も伝えてゆく必要もある。

    全ての人やもの 目に見えず 存在していないように見えるものでさえ
    一つ一つが 幸せに向かい そこに到達する 権利がある。



    そんな私の姿を見て パパも

    ”憑依したものと
    積極的にコミュニケーションを取ろうとしている人を初めて見たよ”

    。。。とも言われた。
     
    そんな姿を近くに見て 
    気功の師のもとに 様々に学んでいる主人も 心配をしてくれて
    その師が 以前浄霊をしていた経験なども
    聴いていた事もあって 力を貸してくれていた。

    24日には その名と住所を明記したものを持参し
    パパの師の元へゆく事にした。
    その結果によっては
    3月中に 私とパパで 彼の元へ 娘さんと行く手立ても整える。


    物事には 全て 旬の時があり

    その瞬時に得られるそれぞれの感覚から
    何を選択し行動して行くかで
    その先に広がってゆく その瞬時 瞬時の先に積み上げられた結果 
    それが その人の世界となる
    その人そのものを包む世界はその連続で変化し続けている。
    ・・・


    現実をいかに生きるかが その人の人生を左右させる。
    そして
    肉体を離れてからの 魂の行方まで左右されるようにも思えた。


    その人は
    その人のままありのままに生きる事。
    今を その人の出来る 今の瞬時の時の中で 精一杯生き続ける事。

    精神的な集中力をいかに必要な時に活かし 瞬時に流れている物事を
    いかに その人は 捉え 生きてゆくのか
    。。。


    その結果・・・

    それは その都度
    その人が選択し続けた 結果・世界を 創り続けて行くことになる。


    あなたの世界は どんな世界を創り続けているのか。
    ・・・

    あなたは 今 その目の前に流れている物事に対して
    きちんとその心の目を覚醒させて
    捉え 何かを選択し 自分の行動として実践できているか・・?


    曖昧な物言いや 曖昧な行動は
    その結果も それに伴う現実を広げさせる。

    その言葉の意味と重みを感じ
    人は 言葉というものをその口から発する事をしているだろうか・・?

    その一つの言葉で 人の心は 救われたり たやすく傷ついたりする。

    曖昧であることが
    人の心を傷つける事に繋がる事がある。
    。。。

    言葉を発した時から その言葉には 魂が宿る。
    言葉を発した時から その言葉に伴う その人の行動があってこそ
    その人の真の姿は 築き上げられて行く。
    。。。

    彼の身体を借りて 交信してきたうちの一体は
    彼 自身を装っている姿として 私は見ていた。

    当然 装っているのだから
    私が誰なのかを理解していて 娘が誰なのかを知っている。

    でも
    亡くなった奥さんの名を言っても そんな人は 知らない・・と言う。
    お母さんと 幼いころを過ごした 炭鉱の町も 行った事が無い・・と言う。

    その肉体と 声を使って 私や娘ちゃんを知っていると装って
    心配ない 大丈夫だから 来なく居ても良いと 妨害される。

    自分自身の声と行動で
    外の世界からの 関わりを遠ざけたい様に見える行動が続く。


    私を脅しても無駄だ。そういう霊的な脅しは私には効かない。
    そんなものは 逆効果だろう・・。
    私も娘ちゃんも 大切な人をほっておく事をしない人間だ。。。
    そういう意味では 彼女の決断力と実行力は私のそれにも似ている。
    だから 必要以上に 必要な時 自分の力を発揮しようとして
    それが終わると どっと疲れる。
    そして 今は 私と彼の娘ちゃんは
    互いにタッグを組んだ。
    彼を守るように 動きに力を互いがある事で増幅させている様にも感じる。
    私や彼女の周囲から また助けの手を得る様に
    全てが動き 多くの手がその手を差し伸べる。


    私達は 今に 生きている。

    大切な人と共に・・


    娘ちゃんは
    こんな事があったら 大概 怖くなって関わらないようにするよ。
    会った事も無い人と こんなにも長い間 関わる事が出来てるなんて
    不思議な女性やなぁ。
    ・・・と私に言う。

    そして
    この事があって 共に一つの目標(お父さんを守る事)に向かって
    力を合わせ それぞれの 身の周りに居る人の力を得てまでも
    その一つの目標の為に 強い力と 愛を発揮している。

    生きる 生きている。。という事はそういう事なのだ。

    一人一人の人生は
    その人だけの人生だ。

    生も死も 誰にも その時は 知り得ることは出来ない。


    でも 生ある限り 何かに貶めるようなことは
    あっては ならない。
    人は何かに迷う時があったとしても
    本来の使命を 想い出し そこに立ち戻ってその道を歩み続ける事だ。

    死とは 誰にでも突然の様に迎える時もある。
    でも その時を迎えるまで
    その魂は 生きる時は 輝かしく
    共に生きる人と 一層 輝き放ちながら生きるべきだ・・・


    。。。と 私は思う。




    +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*

    =ある 一体の霊から受け取った言葉の中から
    これを目にする人の 心に 良き方向に向かわせるための言葉を抜粋。
    これを読む 受け手も 自分自身の生き方に照らし合わせて読んで欲しい=

    〜以下 部分抜粋・要約〜

    私は 天上界にゆきたい。
    天上界に行くには 大きな川の一か所の 細い所を点滅して
    通ってゆく。

    私は おなかの子供と一緒に待っている人が居る。

    その川をずっと見ている。
    その人が通れば 必ずわかる。
    まだ 天上界にその人は行っていない。

    霊界では
    人の罪が重なり 罪がその人を覆い 支配する。
    霊界には行きたくない。

    気は 全ての源。私は気は大好き。
    気はエネルギーの全て。気は自然の力。地中から 駆け上ってきて
    エネルギーを上へ上へ上げる。
    エネルギーは人の心の奥深くに溜め込んでそして 発散する。
    それが私達の所では違う。
    気はある一定の所で止まっている。
    深い地中の中から出る気はある一定で止まっている。
    そこから出るのには すごいエネルギーがいる。
    あなたには わからない。この辛さは。
    ここで気が抜ければ 楽になれる。
    私は私のおなかの子を守るために一生懸命に頑張っている。
    でも 気が抜けない。気が抜けたら 私はおなかの子と一緒に行ける。

    ≪建築家の彼は そのマンションの基礎の工事に問題がある事を知っていた。
    そして 大きな川沿いにあるので 土手が 窓の外にあって
    気の流れを 滞らせているように 窓の前を塞ぐようにあることが
    この交信の数日中にわかる≫

    光は好き。
    でも光は刺す。 だから怖い。
    私は愛に包まれている だから寒くない。

    あなたは誰? ○○さん?て?

    あ〜この人(彼の事)は 害のない人
    だから守ってあげたくなる人。

    ≪この彼女には 彼が見えていたが

    その他の女性には自分は一人でそこに暮らしていると言った
    だから彼は見えていないという事になる≫


    私はずっとここに居るけれど
    私の周りにも居るみたい それは 誰かわからない。
    だって 気が合わないから。。。

    ≪彼女の言葉からは
    その人の 魂のレベルによって 接触出来る人と 出来ない人が居る様に思えた

    だから 悪意のない彼女は 彼を目に見えている様に感じる言葉を伝えてくる。

    彼を装って 私や 娘に電話したり メールをしてくる人は
    とにかく 自分自身は心配ない 関わる必要が無いという意図を感じる。

    私に じゃまだ・・と言って来たのももっともで
    彼らから見れば
    私達が彼に接触すること自体が 彼らの邪魔をしている様に映る≫

    この中で 重要なのは

    自分自身が 生きていても 肉体を離れ魂となっても
    罪 というものを背負うと
    その重みで魂が重くなって 上へあがる事が出来ないでいる様に感じた。

    そしてさらに その罪が その魂を支配してゆく・・・という言葉。

    一つの行動や言葉によって 罪を創れば
    そこから抜け出せない状態になったり
    そこから悪しき方向に招くものがある様だという事を
    感じ取る事が出来る。

    そこから抜け出すためには ただただ 愛ある想いと愛ある行動。
    そして 曖昧な言葉からはかけ離れた
    実行・実際に行動出来る 言葉を放ってゆく事。

    それは 言葉と実際の行動を一体にさせて行く事が
    その魂を 軽くさせ それを上昇させて行くにも楽なのではないか・・・
    。。という感覚を得た。

    実際に
    私は 死を迎えた事が記憶に残っていないけど
    輪廻転生という観点からすれば
    人は生きている時も 死を迎え 霊体になったとしても
    その行動いかんで その先に広がる 世界は個々で違っている。

    別の一体の女性の話では
    私は 私の場所を守っている。
    邪魔はしないで。
    私はここに住んでいる。
    ・・・とも伝えてくるものが居た。
    この感覚は 何かに対する執着。

    結局は
    その生きる人であったり 魂は
    個々が 自分の居場所を決めている。

    いかに 自分自身が 今感じている時をどう生きてゆきたいのか。。
    これは 現世において
    生きる私達にも常に 心がけて生きてゆく必要も感じる。

    輪廻転生のサイクルに入るのには
    常に 一つの場所に滞ることなく
    次々と 移り変わってゆく必要がある
    一つのものに執着を持たないという事だ。

    想い・・というのは
    大切な何かを守るという事にも効力を発揮する。
    だが
    執着のある想い・・・というのは
    その先に進む事を阻むものになり得る。

    手放す必要のある時は 個々の本当の幸せを想い
    愛ある想いで 手放す必要もある。という事だ。
    執着せず そのもの個人の力を信じる事も必要だし
    愛ある想いで 執着とはかけ離れた世界で 見守るという事も大切。

    濁りのない 清らかな流れを保つのには
    個々の 精神を純粋に 今に生き続ける・・・という事が必要なのかもしれない
    。。。

    その魂の在り方次第で 自分の周りに見えてくるものも
    必然的に変わってくる。

    そういうものを肌で実感した
    数日の出来事。

    ただ ただ
    今に生きる 彼を
    その場所から連れ出さなければならないという想い(でもこれはすぐに実行できない
    逆に 動けない現実があるから あまり挑発しない事と 彼自身の精神力を高めてそういう低い霊を寄せ付けない様に 外側(私達)からの 愛とか励まし 勇気を送り続ける必要がある事を感じて実行中)と
    その場に居る 今に在る 全てが 幸せに向かう様にと
    私は 祈る。


    *:.。o。.:*

    私の本質生命体に
    お願いお伝え申し上げます。

    私の中から
    余分な生命体を追い出してください。

    私の本質生命体の本来の輝きに戻してください。

    *:.。o。.:*

    私は幸せでありますように
    私の悩み苦しみがなくなりますように
    私の願い事が叶えられますように

    私に悟りの光が 現れますように
    私は幸せでありますように

    *:.。o。.:*

    私の親しい人々が 幸せでありますように
    私の親しい人々の 悩み苦しみが なくなりますように
    私の親しい人々の 願い事が 叶えられますように

    私の親しい人々に 悟りの光が 現れますように
    私の親しい人々が 幸せでありますように

    *:.。o。.:*

    生きとし生けるものが 幸せでありますように
    生きとし生けるものの 悩み苦しみが なくなりますように
    生きとし生けるもの 願い事が 叶えられますように

    生きとし生けるものに 悟りの光が現れますように
    生きとし生けるものが 幸せでありますように

    *:.。o。.:*

    私の嫌いな人々も 幸せでありますように
    私の嫌いな人々の 悩みや苦しみが なくなりますように
    私の嫌いな人々の願い事が 叶いますように

    私の嫌いな人々に 悟りの光が 現れますように
    生きとし生けるものが 幸せでありますように


    「やさしい」って どういうこと
    〜アラボムッレ・スマナサーラ 著より〜


    +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*
     



    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:

    道反之大神(ちがえしのおおかみ)

    =道反之大神(ちがえしのおおかみ)=

    黄泉と現世の間に どっしりと存在し 輪廻転生に関わり
    過去からの災いを防ぐ 大岩の神。

    人は 前世から そして 今世の過去から
    様々な思いを引きずっている

    あなたは
    自分がとらわれている過去からの想いから
    そろそろ自由になる時

    あの時
    ああしていれば・・あんなことを言わなければ・・・

    そんな後悔や自責の念、
    または
    人の言葉や行いに対して
    未だに解けない 怒りや恨み、
    それが
    前世のカルマの影響であっても
     いちいちあなた自身のそのカルマが 何かを
    知る必要はない



    非常に力強い、
    道反之オオカミ(ちかえしのおおかみ)の力は 
    あなたの自由を妨げている 過去のエネルギーから
    あなたを開放させる
    であろう。

    あなたに
    道反之大神(ちがえしのおおかみ)のパワーと 叡智を送る。


    あなたは エネルギーを上昇させる事が出来る

    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:

    木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)

    =木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)=

    ありのまま 自然に任せ 時が来るのを待ちましょう

    花が咲く時が 巡ってきました。
    内なる力と 自然の恵みで あなたは 素晴らしい花を咲かせます

    あなたは
    新緑の時も 紅葉の時も
    葉を落として冬を越える姿も
    どれも 本当に美しいのだという事を
    もうすでに知っています


    季節が巡ると
    おのずと桜のつぼみは膨らみ 春爛漫の華やかな時を迎えます。

    あなたには
    桜の花の 神秘的で激しいくらいに美しい エネルギーが降りて来ています。
    今 まさに
    あなたの中に花が咲こうとしています。

    木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ)は
    あらぬ疑いを掛けられ
    自らの潔白を証明するため 火中で無事に出産しました。
    美しいというだけではなく
    力強く 自己を表現する想像力を持っています

    その力が あなたに 分け与えられます。

    あなたに 最高のパワーは自然体の自分自身から生まれるのだと 伝えましょう。

    桜は
    自らを飾ろうとしているわけではなく
    ただ 時が来れば 桜の花を咲かせる
    のです。

    他の花を咲かせようとせず ありのままの自己の美を受け取り 愛しましょう。

    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:

    伊耶那岐命(いざなきのみこと)

    =伊耶那岐命(いざなきのみこと)=

    そなたの考えている事を 形に与えよ

    形は言葉から生み出される
    言い切り・断言する事のパワーを覚え
    感謝の想いを共に その言の葉を成就させるのだ。

    われがその言葉を聴き届けよう。

    われは 国海を行ったあと
    さらに天照大御神をはじめ 三十五神もの山や風 海の神々を生んだ 父神なるぞ。

    男性も女性も 今、
    自分の内なる男性性に繋がり エネルギーに形を構造を与える時ぞ。
    そなたの中の 曖昧だったものが 今 ハッキリと形を取り始めておる

    そなたに必要なのは
    断言し 言い切る事のパワーじゃ。

    まず 不必要なものを削ぎ落とし 意識を集中せよ

    一日一日を感謝と共に過ごせ

    「ありがとう」という一言は 声の御守りとなるであろう。

    ゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:。†゚.:。£+゚..:。£+゚.:。†゚.:。£+゚.:





    ※※ この記事は ウェブリと同じ記事にしてあります。※※


    6冊の 2012年の手帖・・・♪

    • 2012.01.17 Tuesday
    • 16:49


    +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*

    SELF CLEANING BOOK 
    あたらしい自分になる

    〜 服部 みれい 著 〜

    +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*


    この本を
    去年 手にしていて
    2012年の手帳は 6冊目・・・

    。。。 SELF CLANING DIARY 2012
    あたらしい自分になる手帖・・・

    ・・・を ふと目にして

    さっそく購入した。



    3年前から 仕事を制限して
    自分自身の身体的な部分と心の浄化と 自分と生きる人達の環境を整える為にも
    まずは 自分自身・・・って 時間を取る様になってから
    やたら 手帖・・ノートに書き込む事が多くなった

    私は手帳を一冊一冊 その中に書き込む事を系統別にしている。

    大まかな全てのスケジュールは 一冊だけだけれど
    マインドマップに似た様に
    一つの大きな枝分かれを一冊一冊にしている感じ♪

    他の一冊は
    私自身の心の奥にあるものを書き出していたり
    その時感じている 大切な想いだったり
    実家の母や 妹との事 全般。

    他の一冊は
    娘やパパとの事を書き出すもの。
    娘のこんな行動が気になるとか
    娘のこんな言葉からこんな風に感じるとか
    そこから親としてこういう投げかけが必要だとか
    パパと話してこんな風にしてゆこう
    ・・・とか
    娘の心の成長が目に見える様にわかる。
    パパに感じても同じようなものを書き出す。
    時に パパの両親の事にも触れる。

    そして
    そういうものに対して 私が感じる事
    その先に自分が行動したもの
    それから そういう私が感じ取った娘やパパに対して
    こんな風になろう・・・とか なりたい・・とかそういった事。


    他の一冊は
    本の中とか 物語やドキメンタリー 映画等・・
    そういう自分が目にするものの中からとか
    意識しないうちに何かの言葉・想いが飛び込んで来たり・・・
    そんな言葉とか想いを書き留める。
    そして
    ふと誰かが口にしていた言葉とか 目に心に飛び込んできた言葉とか想い 感覚  
    日常生活の中で
    自分自身の意識に落とされた言葉とか想いを書き留めておくもの。
    その言葉や想いから
    自分自身の感覚とか意識とか なんだか 自分の世界を広げられるように感じて
    そこから自分の想いを深めて書き綴る事もある。

    他の一冊は 看護や医学に関して
    さらに自分自身が学びだと感じるものを
    書き留め そこから より知識を深めるもの。
    今の自分に必要なもの。
    看護技術に対する知識の事だったり・職場における人間関係
    親友との関わりだったり
    今の自分の位置を書き留めておいて 時々はそれを振り返って
    前に向かって行く為に・・・


    他の一冊は
    引っ越しも控え
    家族の持ち物・場所・の整理整頓 無意識な部分に目を向ける為
    意識的に顕現させて 目に見える様にして 行動に移しやすくしている。
    今は断捨離とか 手放すとか そういう言葉が流行ってる様だけど
    自分自身の人生に置いて これまで生きて来て
    知らず知らずのうちに自分が纏ってしまっているものを
    自分の手で顕現させる事が必要だと いつの頃からか感じる様になった。

    自分の人生を生きるとは より シンプルに
    そして 自分の身の回りの全てに丁寧に関わり生きて行く事。
    それには 知らず知らず抱えていた
    自分が振り回されていた多くのものを削ぎ落とす必要がある。

    私が目に見える文字として書き留めるのは
    これまで生きて 多くのものや多くの人 多くの事柄や 多くの他者の意識 
    多くの自分の中に生まれた意識・・諸々のもの 
    生きる事で 時間や場所 空間・人 
    その場の雰囲気 その中から私が感じ取ってしまうもの・・・

    その私の人生の中で関わる人に対して 
    その人の人生でその人が得なければならないものに
    私が関わる事によって得られなかったという事を防ぐ為に・・・

    その人自身の手で何かを掴み取る・・・とは
    その人自身が意識的に覚醒してそれを理解できた時
    初めてその人の手で掴み取る事になる・・・
    これは たとえ 自分自身の娘であっても 夫であっても・・・


    人生の中で 心に触れてくる物事は
    本当はそれぞれ 一つの大切なもので そこに私が居なければならない時に
    その場所に居続ける事が出来ない事に 私自身の中にストレスを感じてしまうから
    どうしても 途中で一つの事が他の事で中断される様な事が起きてしまっても
    ほんとうに その時 その瞬間に 留まるべき場所に 私は居る必要がある
    そして その大切な一つの物事は
    毎度毎度 最初からやり直す様な事になる時間の無駄を避けたい。

    私自身の身体は一つであり 私自身が集中して行える事は限られる・・・・
    だから そういう 系統別に 物事の今を書き留めて
    次に活かす為に活用している。

    完璧である必要は無くて 人として生きる中で・・・
    ほんとうに大切だと思う事は その時にこそ生じるものであって
    その瞬間に 私自身が行動する必要があるものがある。
    そういったものを見逃す事は 極力避けたい。

    注意深く 私の身の回りに目を向け 行動する為には
    自分自身がシンプルである事 そして ”今”に私が存在している事が必要・・・

    掛け離れすぎた遠くに 意識を飛ばし過ぎないように・・・
    目の前にあるものの展望は
    この胸に意識的にその先を観た時に行動に移される事になる 


     

    どこかで読んだ本の中の言葉で
    ゲームは止めよう。 癒しゲームは止めよう。コントロールドラマを止めよう。
    悪と善。正義と悪。そんな 対象にあるものは
    片方が存在する事によって生み出されている様に感じる。

    たとえ 自分自身がその人の立場・価値観でその行動・言動が正しいと感じたとしても
    それは
    その対極にあるものを 悪だとか 自分と対極にあるものだと対象を認識する事による。

    これは その悪に成りきっている存在に対しても
    正義を嫌う人は 自分が悪役に成りきって その演技をしている様にも観える。
    (*正義とは その人の立場であったり 物事の見方や視点が違ったりすると
    その正義は 形を変えてしまって そうでは無くなる様に観える時もあるから
    正義とは何かと問えば 難しい所ではあるが・・
    ここで問われる正義とは
    大切な何かを平気で傷つけてしまう様な正義なのかもしれない。)

    結婚して 子供を持って
    特に独身の時は 自分自身に関わる単純な問題しか 感じなかったのだけど
    ・・・パパと一緒になって 娘を得て 人間関係の輪が広がって 
    密になればなるほど
    その個々の奥に潜む問題が私以外からの影響とか 家以外からの環境によるものとか
    大きな輪の中での 力の関係とか 関わり方とか
    そういうものが複雑に入り組んで
    その人に影響を与えている様に感じる・・・

    これは 当たり前の事なのだけど
    一緒に生活している事によって
    その人の人生の一部が私の人生に重なり合ってる感覚
    。。。
    そして 私の周りの人全ては
    私に全く関係のない その人の周りに居る人達からの影響や
    私が 存在していない その人が居る環境が様々に
    多くの人の人生が重なり
    多様に与えられている環境や状況といったものが
    複雑に交じり合っている様にも
    観えてきたりする。

    その複雑さに 囚われ たじろぐのでは無く
    自分自身が その人と過ごせる今の時を
    いかに 過ごす事が出来るか・・・

    そのどうしようもない 過去に引きずられる事無く
    この先に広がって行く世界を
    いかに 今
    その人と築こうとするのか
    。。。

    その
    常に前向きな姿勢と 常に諦める事無く その人と向かい続ける事が
    とても大切だと 感じる。


    そして これには
    とても 永い 永い時が 互いに必要だ・・・




    今に 常に自分が存在し


    何を観て 何を感じ 何を自分自身の中から 表現させて行くのか
    。。。

    生きるとは その連続であり
    今だけが全てではない。

    今の生き方に どう意識を置くかによって
    多様な未来を創り出す事が 可能なのだ。
    ・・・

    そこに集う人々によって
    それぞれがどう”今”に表現し生きるかによって
    個性ある未来が 一瞬一瞬 変化しながら 築かれて行く事に
    人生の面白味はある
    。。。

    カーテンの向こう☆

    • 2011.05.11 Wednesday
    • 09:04
    カーテンの向こう 


    カーテンの向こうに広がる世界。。。

    手に触れられる様で
    触れる事の出来ない
    。。
    そんな世界
    。。。

    現実の中でも
    空虚な想いは生じるものだ。

    同じ道を歩んでいる様に見えても
    個々様々に与えられる時の流れが

    学びに違いを引き寄せる
    。。。

    同じ時を生きるのに・・・
    まったく同じ道を
    人は歩く事が出来ない
    。。。

    わかっているはず
    。。。
    人は いつも独り
    その人にだからこそ何かが与えられ 何かを学び続ける
    。。。

    同じ時に人と生きても
    個々に与えられる試練を越えた学びは違う

    その中で孤独を生んだとしても
    それは逃れられないものをたった独り
    それに立ち向かわねばならないと
    人が 感じるから
    。。。


    逃れられない それぞれへのカルマ(因縁・宿命)・・・がある

    それを受け 解消させるための 生だからこそ
    人は独り歩み続けるのだ
    。。。
    けして 怯むこと無く
    時に 一歩後退しても 自らの力奮い起こし
    一歩一歩 あゆみ続ける
    。。。

    与えられている時を 共に生きる人の 心の目を 時に借り
    与えられている時に出会う言葉に 時に助けられ
    与えられている時に 共に生きる人の 生き様を観て それに習う

    たった独り 何かに立ち向かう自分が居ても
    それは 一人ではないのだ
    目に見る事の出来ない
    心 寄り添い 励ます 何かを人は得ている
    。。。

    自分を見守る大きな力・・・
    けして 怯むまい

    そんな 存在を感じる今。。。


    人の生は 目に見るものが確かとされるけれど
    けして 目に見える存在のみではないのだ・・・

    確かなものとは・・・
    ほんとうは 
    目に見る事の出来ないものなのかもしれない。


    人が望むものは
    けして 
    手にする事が出来ないのか
    ・・・

    いやっ・・
    もう すでに人は その手にしているのかもしれない
    。。。



    ただ。。
    その目に見えていないだけなのだ・・・
    ((◡‿◡*)(*◡‿◡))


    ***

    コメントは承認制です。
    公開に不適切と思われるものは
    削除させて頂きますので
    あらかじめご了承ください。
    直ぐにレスが出来ない場合もあります
    合わせてご了承ください♪

    ***



    ずぅ〜っと ・・・☆

    • 2011.05.10 Tuesday
    • 18:04
    触れたくても 触れ続ける事が出来ない人が居る。
    思考も 価値観もたぶん似てる♪

    でも・・・
     
    自分の人生に ずっと 関わってゆく事は
    難しい人。


    世界中に数えきれないほどに人が居るのに
    出会える人は限られて
    触れ合える時があっても
    自分に与えられた環境や
    その人に与えられている環境が
    ずっと 一緒の時を生き続ける事を 許さない。


    まだ学生の頃
    どんなに気が合っても
    進路が違ったり・・・

    職場で気が合っても
    移動がある

    そして
    性が変わる事で それぞれの家庭を持ち
    子供や夫との関わりが重視される


    自分に密着したものを人は求め
    それを 得たように感じては
    それと共に居続けられない人生を
    人は生きる


    それって ただ虚しいように見えるけれど
    でも 本質はそうじゃない


    人は独り生を受け 独り死にゆくもの
    。。。


    人は 生を受け 生きる中

    確かに 誰かと出会い 大切な何かを得る

    確かに 誰かと出会い 愛ある何かを与え合う

    確かに 誰かと出会い 何かあったかいものが繋がったように感じる


    誰かと出会う事で
    自分自身の何かが強くなって どっしり揺るぎが無くなったと感じる

    自分の生きる世界は
    自分の足元だけじゃなく
    広く先の方まで繋がっている世界なのだと 実感できる


    特定の誰かと
    ずっと常に繋がっているって事が 重要じゃなく

    その時その時に誰かと生きる時を得られる事が
    その中で その時にしか得られない何かを得る事が

    感じ得る世界が大きく広がって
    歩む世界を 大きく広げ続けるのだ


    人生とは 果てしなく 続いている
    。。。




    JUGEMテーマ:つぶやき。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    †゚.:。£+゚.:。溢れる想いの足跡 ゚.:。£+゚.:。†゚.

    ☆・・Lightworker japan・・☆

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM